>

歯周病は自宅で治療できるのか?

この記事をシェアする

自宅で治療はできるのか?

仕事に家事、そして趣味など、何かと忙しい毎日を送る方にとっては、空いた時間に自宅で治療ができるのが一番といえます。
しかし、果たしてそううまくいくものでしょうか?
「歯周病に効く!」という言葉を謳い文句としている商品はいろいろ店頭に並んでいます。
でも、実際のところ、これらの薬品や歯磨きペーストなどを使って、自宅で歯周病を治療することは不可能です。
それは、歯周病の原因菌が住み着いているのが、歯に頑固に付着した歯石にあるからです。
歯石は、食べ物のカスなどが歯の表面や歯茎との境目にたまってできた歯垢(プラーク)が、時間がたち、石のように硬くなってしまった物質のこと。
歯ブラシでブラッシングした程度では除去できないのです。
これが、自宅で歯周病の治療が難しい理由といえます。

治療は専門家に

歯周病の進行度合いにかかわらず、まず必要となるのが、歯垢や歯石を取り除いたり、グラグラしてしまっている歯のかみ合わせを調整する治療です。
歯科医院で機械を使ってクリーニングし、自宅でもブラッシングに配慮する等を重ねて行うことで、歯周組織を改善することができます。
歯と歯茎の間に空いた隙間、いわゆる「歯周ポケット」の深さが2~3mmほどにキープできるようになったら、3か月に1回ほどの定期健診で、経過を確認するメンテナンスに切り替えましょう。
もし、この基本治療で歯周ポケットの深さが改善されない場合は、外科手術によってポケットの深さの改善や、失われた骨の再生治療を行うこともあります。
外科手術によって、歯周ポケットが改善されれば、定期健診によるメンテナンスでが拭きの状態を維持できるようにしましょう。